0120-78-53530254-53-4002

Webショップ営業時間 9:00~17:00 ≫ お問い合わせはこちら

MENUMENU

朝日酒造 / 越州

朝日酒造 外観

Slider


はさぎ
夏の朝
朝の田
「千秋楽」
朝景色

 天保元年(1830年)に今現在蔵がある長岡市朝日で酒造業を始めた朝日酒造(屋号は久保田屋)は新潟でも屈指の実力を持つ蔵元です。

 朝日酒造は環境活動にも力を入れており、「ほたるの里づくり」や「もみじの里づくり」など様々な活動も行っています。

 「越州」の原料米「千秋楽(せんしゅうらく)」はもともと昭和30年代に主食用として生まれた品種でした。その後、種子倉庫で眠っているところを、平成8年にわずか40gの種籾(たねもみ)から復活したのです。

 「千秋楽」はもろみが溶けやすく、味のふくらみや、やわらかさが越州に適しています。また、越州の和紙ラベルの中には原料米である千秋楽の稲わらが入っています。

Copyright© 酒のかどや , 2019 All Rights Reserved.