0120-78-53530254-53-4002

Webショップ営業時間 9:00~17:00 ≫ お問い合わせはこちら

MENUMENU

中村酒造場

中村酒造場

Slider


中村酒造場 外観
二次もろみ 左:白麹 右:黒麹 黄金千貫
できたての焼酎
杜氏と稲穂
昔ながらの製法
厳選された地元九州産の芋
手造りの麹

 鹿児島県霧島市国分に明治21年(1888年)創業の歴史ある焼酎蔵です。

 現在杜氏を務める蔵元の中村慎弥氏は、鹿児島に伝わる焼酎造りの二大流派である「阿多杜氏」の技を受け継ぎ、さらに芋焼酎の新しい可能性に挑戦し続けています。
蒸留酒でありながら、特に米麹に徹底的にこだわった芋焼酎はふくよかで奥深い味わい。

 焼酎の「手造り」とは、麹蓋を用いて、自然換気保温室で自然の換気、通気と手入れ撹拌によって製造した麹によって造られた単式蒸留焼酎にのみ使用できる特別な呼称です。
中村酒造場では、厳選された地元九州産の米と芋を使い、九州に3蔵のみとなった石造りの麹室で麹を手造りし、全ての工程を昔ながらの製法で行っています。
濾過の工程では、焼酎の旨味や甘み、コクの決め手となる米麹由来の油をしっかりと残しながら、臭みのもとになる不純物を丁寧に取り除きます。

 鹿児島の風を感じるような焼酎を造りたい、そんな思いの詰まった芋焼酎です。

Copyright© 酒のかどや , 2019 All Rights Reserved.